杜けあきの愛言葉〜言霊と生きる〜

  • 勝つか負けるかの問題ではなく、自分が
    高みに立とうとしているのか、いないのかを、
    すごく重要視している
                  羽生結弦選手

    2016NHK杯で世界最高得点を最初に出した時の羽生選手の言葉である。
    ああ、だからこの人は進歩し続けるんだ、それも凄いスピードで、と心底納得出来た。
    勝つとか負けるとかいう言葉が、とても陳腐に感じてしまう。
    目標、信念はとても大切だ。
    その信念こそが、自分に枠を作らず、常に上へ、前へ挑戦し続け
    進み続ける原動力になる。見習うべき世界で戦う勇者、羽生選手なのである!

    no.55

  • 日陰でも、すくすく育つ植物もある
    ーある農家さんの言葉ー

    日陰だからこそ、たくましく育つことがある。
    植物は過酷な環境下でも、それに合わせて強く育つ。
    人間だってそうだ。
    艱難辛苦、その経験から強くなり、なおかつ優しくもなる。
    そんな経験をした人の強さは、優しさと表裏一体なのだ。

    no.54

  • 我々は発展する為に、
    地球上に生まれたのではありません。
    我々は幸せになる為に、生まれてきたのです。
    ムヒカ 元大統領〈ウルグアイ〉

    この方は日本人に警鐘を鳴らしてくれた。いや、世界中に。
    日本人は独特の文化を持ち、まじめで勤勉、そして高潔だ。
    そしてよく働く。それは、道義心、一種の責任感からくるものだ。
    しかし、時として度が過ぎると、何事も楽しめなくなり、
    自分自身の自由な時間も奪われてしまう。
    日本人は素晴らしい、だからこそ考えて欲しい。
    責任感以上に大切なもの、自分の人生に対する愛情を。
    1人1人が自由に振る舞える時間を持つこと、そこから幸せを感じること、
    愛する家族や友人との時間が生む幸福感を。
    そう、人は幸せになるべきだ、絶対に。

    no.50

  • 力がつけば力が抜ける
             本間憲一

    本間さんがラジオのゲストでいらした時、この言葉をお聞きし、
    とても共感を覚えました。自信のない時はまだまだ力が入るもの。
    本物の力がついてこそ、初めて力まず出来るもの。
    何時もこの境地を目指して、精進したいものです。

    no.39

  • 朗らかに清く正しく美しく
            小林一三翁

    ご存知、私の故郷、宝塚の創設者である小林一三先生のお言葉。
    清く正しく美しくは衆知の通りですが、当初はその前に
    『朗らかに』が付いていたらしい
    それを知ってから、私はあらゆる言葉に朗らかにを
    付けるようになった
    朗らかに一生懸命、朗らかに諦めない、朗らかに挑む、
    朗らかにやり遂げる、朗らかに‥朗らかに‥
    身体が軽くなる。
    ちょっとした事でこんなに違うのだ。
    ちょっとした事、視点を変える事は
    めちゃくちゃ大切なのである。

    no.38

  • 得たければ まず 与えよ
             ゲーテ格言集

    優しくされたいなら まず 優しくしましょう
    ありがとうと言われたいなら、いっぱいありがとうを言いましょう

    若い時、得ることばかりに気が行って、自我が強く協調性が足りなくなりがち、
    そんな時この言葉に出会い、人にして貰いたいことを
    先ず自分から始め、発進してみた。
    あらあら不思議〜本当にそのまま、その通り返って来た。
    この法則は本物だ!

    no.33

  • 子供叱るな 自分の通ってきた道
    年寄り笑うな 自分の通っていく道

    通ってきた道は叱るだけでなく悟すことも出来るはず、
    そしてこれから通っていく道は、行ってみなければわからないはず
    その立場になって初めてわかる。
    その年齢になって理解した時、後悔しても遅過ぎる‥

    ー親が高齢になり感じ始めた事、想像力を使うべしー

    no.32

  • 結婚は決断力の欠如      
    離婚は忍耐力の欠如  
      再婚は記憶力の欠如
            アルマン サラクレー

    そうかもしれないけど、それじゃあ前へ進めないよ!!!
    でも本当に面白い、的を射た言葉だ!

    ー感心して思わず唸った言葉ー
    by 独身貴族(^_−)−☆

    no.29

  • 実るほど頭を垂れる稲穂かな
                ー父ー

    私の父の座右の銘、口癖とも言う(笑)(^^)
    幼い頃からずっとこの言葉と共に成長してきた。
    大人になってから出会った成功を手にした本物たち、
    総じて腰が低く、偉ぶるどころか、とても謙虚なのだ。
    本物こそ、こうなのだ! 天に向い、今一度誓います。
    『お父さん、何時迄もそれを目指します。』

    no.28

  • 思いに気をつけて、思いは言葉になる。
    言葉に気をつけて、言葉は行動になる。
    行動に気をつけて、行動は習慣に、
    習慣は性格に、そして性格は運命になる
                マザーテレサ

    説得力が半端ないです、
    読めば読むほど怖くなりました。
    背筋を伸ばしたくなる言葉、時折心に刻むこと、大切です。

    no.18