杜けあきの愛言葉〜言霊と生きる〜

杜けあきの愛言葉へようこそ!

  • 1日ひとつの善行の意味

    荷物を抱えた人の為にドアを開けてあげる、
    道端のゴミを拾ってゴミ箱に入れる、そんなことで良いのだ。
    1日にひとつは善いことをしたなぁ、と思える瞬間を作ろう。
    その小さな満足感が自分を高める、満たす、自分を創っていくのだ。

    no.78

  • 話し上手だけが
    コミュニケーション上手ではない

    人とのコミニケーションをあまり難しく考えないほうがいい。
    伝えたいことがある時に口を開き、話を聞いてもらい、話すことがない時は口を閉じていい。
    そして人が話している時には心から真剣に聞く。基本はそこだ、無駄口はいらない。
    話し上手だけがコミニケーション上手ではない

    no.77

  • 自分をいたわる心を忘れない

    がんばった自分、優しかった自分、我慢した自分、たくさん歩いた自分、
    今日も精一杯生きて夜を迎えられた自分をいたわってあげよう
    心に、身体に、話しかけてあげる、手を添えてあげる、
    必ず穏やかな幸せを感じて自分の1日を終わってあげよう
    間違いなく、それが明日を生きる力になる。

    no.76

  • 単純なものを複雑にすることをやめれば、
    人生は楽勝!
             アーニー.J.ゼリンスキー

    もっとしっかり考えなくては…と考え過ぎる現代人、私もその一人だ。
    情報量や選択肢が多すぎて、ついついそうなりがち、
    考えなくてはいけないような気持ちにさせられるのだ。
    だがそんな必要のないものもたくさんある、
    同じ考えるなら、単純なものかどうかを先ず見極めちゃおうよ。

    no.75

  • なんでもおもしろがる力

    どんなことでも面白がれる人は本当に得だ、
    行動力と言うものは面白がるところから生まれるのだから。
    そして知らない間に視野は広がり、良い運気までも呼び込む。
    面白がって楽しむ力を身に付けよう。
    先ずは、楽しく話そう、楽しく笑おう、楽しく掃除しよう、
    そんな自分はかなり面白い!
    楽しそうにしている人は 運をも惹きつけてしまうのである。

    no.74

  • 時間で溢れることこそが自由

    物が溢れていても満足するのは、その時だけ。
    時間が溢れ、有効に使えることこそ自由そのもの。
    自分の時間、しっかりつくっていますか?

    no.73

  • われわれは、幸福になるためより、
    幸福だと人に思わせるため四苦八苦している
                 ラ.ロシュフーコー

    痛い言葉だ、人は確かにそんなところがある。
    真意を自己に向けるか、自己顕示欲に向けるか。
    人に幸福だと思わせるために苦労しては本末転倒だ。
    そこに幸せを見つけるのでは、ちょっと淋しいよ…。
    軌道修正が必要と感じたら、自分の幸せに向かって
    舵をとりなおして!

    no.72

  • 地球上の涙の総量は決まっているから、
    君が泣けば誰かが泣かずに済む

    少しキザな言葉ではありますが、(ある意味宝塚風?笑)
    じっくり読むと、誰かの助けになっていると言うこと。
    たくさん泣かなければならない状況に陥った時、
    こんな風に思って、思い切り泣いてしまいましょうよ!

    no.71

  • 人は自分の友に秘密を話すが、
    その人にもまた友がいるのだ
            ー トルストイー

    誰かに伝わる覚悟で、いつも発信しなくてはならない。
    人に口が、言葉がある限り。

    no.70

  • 時間薬

    痛いもの辛いものからは、誰だって早く解放されたい。
    でも、折角出来たかさぶたを焦って無理に剥がしたら、もっと痛いし治りが遅くなる。
    フライパンについた残り物やおこげは、水を入れてしばらく待てばいい。
    心も同じ、心のフライパンに時間と言う水を注いで待ってみよう、
    綺麗にスッキリ剥がれてくれるまで。

    no.69